2020年01月14日

自分が借金していることは、誰にもバ

自分が借金していることは、誰にもバレたくないと思うのは当然のことです。


ですが、どうしてもお金を借りなければならないこともあるでしょう。


このような時、キャッシングを使えば心配せずに済みます。


昔は、借り入れ手続きを取るために、わざわざ金融機関の窓口まで行かなければなりませんでした。


しかし、最近はインターネットが発展しており、ネット上ですべての手続きを完了できるのです。


人と顔を合わせる心配がありませんし、周囲の目を気にする必要もありませんから、キャッシングは気軽に利用できるサービスへと変化しているように感じます。


キャッシングを利用していると、まだ借入限度額に達していないのに、お金を借りようとATMで操作をしたら利用可能残高がゼロと表示されていて、不思議に思うことがあります。


これは、業者がキャッシングの利用を停止したということでしょう。


主な理由としては、そのほかのキャッシングサービスやローンと多重契約した時に、それ以上の融資を制限される場合もあります。


もはや、キャッシングはできませんから、所有しているローンカードは、返済手続を行う場合にしか利用できません。


キャッシングするときは、できるだけ安全な会社から借りたいですね。


「大手」も信頼のひとつになるかと思います。


三井住友銀行系のモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、駅前で見かけるアコムやプロミスといった消費者金融系が有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。


広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特長は利率が低いことです。


無計画な借入さえしなければ、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実に支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。


また、キャッシングで一番怖い「延滞」の危険性も避けられます。


虚偽の報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、「有印私文書偽造罪」に相当します。


もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。


会社としては被害届を出すか否かというと、微妙なところですね。


あくまでも会社の自主性なのでわかりません。


それに、詐称して融資を受ける(受けられる)ことは無謀というものです。


信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。


個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、バレた時点で【全額一括返済】になるはずですが、本当に一括で返せますか?大きなデメリットがあります。


当然のことですが、実際にキャッシングに申し込む前にいくつかのキャッシングサービスを見比べて検討しておくべきです。


例えば、インターネットのオンラインキャッシングで簡単に融資が受けられるサービスや、近所のコンビニATMから貸付金を引き出せるサービスも見かけます。


ご自身にとってどのようなキャッシングが良いのか、しっかりと各サービスを比較して希望の融資を受けられる業者を利用しましょう。


例えば、総合情報サイトや実際に利用した人の感想などを載せたサイトを目を通しておくと良いと思います。



Posted by パースペクティブ999 at 21:00