2018年02月04日

カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは意外

カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは意外と少ないので、驚く人も多いようです。


金融業者ごとに独自のルールがあるかもしれませんが、それでも最強の身分証明と言われる免許証やパスポートなどが用意できれば、OKです。


顔写真つきの証明書がない場合でも、保険証と公共料金の領収書などで済む場合があります。


随分カンタンだと思われるかもしれませんね。


でも、返すときに同じように思えるでしょうか。


それはお金を借りて使う人のバランス感覚や判断力にもよると思います。


返済が長期化すると総支払額が増えますし、短くすれば月々苦しいです。


でも、それをどう感じるかは性格やライフスタイルで違ってくるはず。


「これなら大丈夫」と思うような範囲内に借入も返済も抑えることが大事だと思います。


あなたはキャッシングの審査って、面倒くさいものだと思っていませんか。


実は思っているより簡単に、すぐに終わってしまうんです。


少額のキャッシングなんて、数十分後には終わっているのが普通です。


終われば、PCをリロードしたら(口座に)入金されててビックリしたという話も聞きますが、それすら今ではほぼ常識です。


納税証明とか収入証明も不要としている会社が多く、スマホがあれば申し込みも本人確認もアプリでパチッとできて、予備のお財布感覚で、簡単になってきていると感じます。


キャッシングで借りたお金を返した後、手持ちのカードはどうするのがベストなのでしょうか。


中には、カードがあるとすぐに借り入れてしまうということで、キャッシング業者との契約を切ろうと考えている人も多いでしょう。


解約の方法ですが、コールセンターなどに解約したいということを伝え、物理的にカードを使えなくすれば終わります。


解約は、完済後時間が経ってからでもできますが、契約を解消すると、再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。


そのリスクをしっかり理解したうえで、解約手続きを取ることをおススメします。


キャッシングの申込みはどんどん簡単になり、今ではインターネットで済むことが普通になってきました。


数年前にもネット申込はありましたが、あとから必要書類を郵送するなどなんらかの手間がかかりました。


でもそれからすると最近の申込は本当に簡単になって、ネットだけで「申込」から「融資実行」までできてしまいます。


PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)安全にお金を借りられるなんて、こんな時代になるなんて、嬉しいことですね。


まさに隔世の感です。


当たり前のことですが、キャッシングには審査が必ずあります。


審査を通ると、その業者にもよりますが当日中にお金を手に入れることができます。


しかし、審査に落ちてしまうと希望の融資も受けられません。


申し込みについては無料なので、先に申し込みをして審査をパスしておきましょう。


そうすると、万が一の際にすぐお金を借りられるので、心強いと思います。
  


Posted by パースペクティブ999 at 03:24