2017年01月10日

クレジットカードと同様、キャッシングも自宅に明

クレジットカードと同様、キャッシングも自宅に明細書が送られてきます。


家族が心配するので勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかといろいろ捜してみたら、送付ナシで済む会社が複数あることに気づきました。


なかでも短期返済で無利息になるキャンペーンをしていたレイクに決定。


契約は無人店舗の自動契約機を利用しました。


電話でオペレーターが疑問点に答えてくれたので、初めてならネットより店舗のほうが良いでしょう。


明細書もネット上で確認するので自宅に送られてくることはないそうです。


家族に知られないのがこんなに安心できるとは思いませんでした。


キャッシングの近年の動向を見ていると、審査そのものがだいぶ緩くなっている気がしてなりません。


借金といっただけで大変なものと認識されていた時代には、保証人を頼むだけでも億劫なものでした。


それが今は、あれもこれも不要で、どうしたって当日中には融資金をうけ取れるのです。


融資をうける側としては、こういう変化はありがたいものだと実感します。


ATMからでもキャッシングでお金を借りることができます。


ちょっとコンビニエンスストアによるついでに申込みや借り入れが出来るようになっているので相当利用しやすいですよね。


キャッシングが利用しやすい反面、借金をしているのだといったことがついつい薄くなってしまいがちです。


とはいっても、しっかりと考えて利用するようにすれば突然の出費によるピンチも簡単に乗り越えることが可能になるでしょう。


自分自身の利用経験に限った話ではありますが、一番安心してカードローンを組めたのはどこかと思い返してみると、やっぱり、三井住友カードローンが最もいい感じでした。


大手銀行系のカードローンですので安心感がありますし、使いやすい事も、その所以の一つです。


時々、条件が合わなくて望んでいた金額を借りられなかった、なんていうケースも耳にしますが、私はこれまで審査はすべてパスしています。


カードローンの契約は利用者とはちがう人の名前で行うことは認められていません。


契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。


このことは自分の収入がない主婦が夫の所得を元に契約を結ぶ場合も一緒で、その主婦本人が名義人となって契約を行なわなくてはならないとされています。


従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。


名義を貸す側と借りる側が家族の間柄であっても、本人以外の名義を使ってカードローン契約を締結した人は犯罪者になってしまいます。


本人に対して許可を出していたとしたら、名義を借りた側だけでなく貸した側も罪を犯したことになります。
  


Posted by パースペクティブ999 at 08:18